MENU

子どもの文化学校

HOME > 子どもの文化学校 > 特別教室
   

全教室一覧

特別教室

【特①】特別演習 研究的実践家育成ゼミナール全10回(7日間)

募集中
保育実践の場に「研究的視点をもった実践家」の育成を! こんな思いと共に始められたこのゼミナールは、毎回のゼミにレポートを持ち寄って議論する、レポートの準備ができなくても堂々と参加できる、開放的なゼミですから、保育者として飛躍を目指す人に最適です。限定20名のかなり本格的なゼミナールです。 前半は「現代保育実践の課題に言葉を添える」 ①~⑤ 後半は「つくりたい保育実践に名前を与える」 ⑥~⑩ をテーマに学びを深めます。
会場
子どもの文化学校(豊島区目白3-2-9)
曜日・時間
月曜日/18:30~20:30 土曜日/14:00~18:15
受講料
30,000円

【特②a】先輩用「育ち」「育てる」者のための教室〈NEW!〉全6回

【会場での対面受講のみ/後日配信なし】 先輩、若手、それぞれが互いに学び合い、子どもの育ちを共有し、保育実践を重ねていく、その営みのためには同僚性の醸成が求められます。様々なワークを通じ、後輩は保育の専門性に気づき、先輩はリーダーとしてのスキルを磨く。今回の教室では新たな試みとして、先輩に対し、当日のワークの振り返りの時間を設け、授業時間を長めに設定しました。後輩:18:15~20:00(100分) 先輩:18:15~20:45(150分)
会場
子どもの文化学校
曜日・時間
【先輩】火曜日・金曜日 18:15~20:45(150分)
受講料
22,500円

【特②b】後輩ver.「育ち」「育てる」者のための教室〈NEW!〉全6回

募集中
【会場での対面受講のみ/後日配信なし】 先輩、若手、それぞれが互いに学び合い、子どもの育ちを共有し、保育実践を重ねていく、その営みのためには同僚性の醸成が求められます。様々なワークを通じ、後輩は保育の専門性に気づき、先輩はリーダーとしてのスキルを磨く。今回の教室では新たな試みとして、先輩に対し、当日のワークの振り返りの時間を設け、授業時間を長めに設定しました。後輩:18:15~20:00(100分) 先輩:18:15~20:45(150分)
会場
子どもの文化学校
曜日・時間
【後輩】火曜日・金曜日 18:15~20:00(100分) 
受講料
15,000円

【特③】保育を支える思想と哲学(オンデマンド講座)全5回

オンラインあり 募集中
【オンデマンド配信のみ】 現代保育実践の基盤を支える思想と哲学を、今年度もオムニバスで語り合います。幼児教育無償化政策を背景に、「幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会」で全国共通プログラム策定の議論が進められる中、時代が求める保育の思想と哲学を問い直す教室です。
会場
YOUTUBE
曜日・時間
8・9・10・11・12月1週目の金曜日~10日間のオンデマンド配信 ※配信期間中のみの配信で、途中からのお申し込みはそれ以前の配信は視聴できませんのでご注意ください。
受講料
12,500円

【特④】保育における「間」の科学(オンデマンド講座)〈NEW!〉全6回

オンラインあり 募集中
保育実践の境界領域には、様々な論争的問題が潜んでいます。保育者と子どもの「間」を起点に、自由と放任の「間」の問題、そして男と女の「間」の問題と……。そこで、この境界領域に潜む「間」の問題を、じっくり考えるオムニバスの講座を準備してみました。簡単に答えは出ないけれど、悩みがいのあるテーマです。一緒に考えてみませんか。
会場
YOUTUBE
曜日・時間
6・7・8・9・10・11月第3週金曜~10日間の視聴期間 ※配信期間中のみの配信で、途中からのお申し込みはそれ以前の配信は視聴できませんのでご注意ください。
受講料
15,000円

【特⑤】 保育カリキュラムを問い直す(オンデマンド講座)全4回

オンラインあり 募集中
【オンデマンド配信】保育におけるカリキュラムマネジメントの必要性が問われる中、保育カリキュラムとは何かーの概念から、実際の展開過程まで、多様な視点から問い直す教室です。保育カリキュラムの理念と実際を、根本から問い直し考えたい人におすすめです。
会場
YOUTUBE
曜日・時間
6・7・9・10月第4週金曜~10日間の視聴期間 ※配信期間中のみの配信で、途中からのお申し込みはそれ以前の配信は視聴できませんのでご注意ください。
受講料
10,000円

【特⑥】現代の文化、社会、保育、人間等を自由に語り合うカタリバ!(ZOOM講座)〈NEW!〉全5回

オンラインあり 募集中
現代社会は、確かさを失っているように見えます。何をしても、どこか不確か。だから、自分で、自分の感性で、現代のあれこれを語りあって、これは確かというものをつくり出していくしかありません。ということで、このカタリバは、参加者が、見た映画、読んだ本、聞いた話、いった旅行など何でも心にひっかかっていることを自分の言葉で語ります。その意味をめぐって汐見先生がもっと、と聞きだし、それをもとにみんなで自由に語り合います。最後に汐見先生が締めてということを繰り返します。その中で自分を見つけていってほしいと願っています。それが保育者の自我育てにつながるといいですね。 受講希望者数50人以上での開催です。
会場
ZOOM
曜日・時間
木曜日 19:00~20:10
受講料
5,000円
page top