MENU

紙芝居資料室

HOME > 紙芝居資料室

紙芝居資料室

戦前から戦後昭和30年までの教育紙芝居600部余をはじめ、歴史的に価値のある希少な作品や、五山賞候補作品を中心に4000部を所蔵。
「所蔵作品リスト」を年代順に作り、所蔵・保管しています。
一方、紙芝居研究や所蔵機関の拠点としての役割を担い、紙芝居に関する様々な活動を行っています。

  • 閲覧希望の場合は電話予約(03-3951-0151)が必要です。(平日午後1時~午後5時)
  • 貸出用紙芝居(有料)もございます。
  • 資料的価値の高い紙芝居の収集と、他の関連団体や各地の所蔵機関等との交流を行い、情報を共有しています。
  • 各地の紙芝居イベントや研究会等の情報を、雑誌「子どもの文化」で発信したり、紙芝居研究やフォーラム、「紙芝居カフェ」やテーマ毎の紙芝居展等を企画し、実行しています。

紙芝居資料所蔵作品検索

準備中です

紙芝居の賞

紙芝居の賞として、当研究所では紙芝居のブランプリである五山賞(作品創作部門)・右手賞(実演部門)・堀尾賞(研究部門)の三賞を審査・授与する活動を行っています。

  • 五山賞は1962年に高橋五山の紙芝居の業績を顕影して設けられ、一年間に出版された紙芝居の中から最も優秀な作品に授与されます。(創作部門)
  • 右手賞は戦前、戦後紙芝居の名演者として大活躍された右手悟浄氏と、紙芝居一筋80余年の生涯を送られた名実演家、右手和子氏の親子二代の業績を記念して2015年に新しく設けられた演者として、また普及活動に優れた業績を上げる個人・団体を対象に贈られます。(実演部門)
  • (研究部門)堀尾賞は、紙芝居作家・宮沢賢治研究者・第3代子どもの文化研究所長として子ども文化の広い領域で活動された堀尾青史氏の業績と生誕100年を記念して2015年設けられました。「堀尾賞」は、紙芝居にかかわる学術的研究、調査、学術的出版、評論活動など、広く紙芝居文化の振興に貢献した個人・団体を対象に隔年に贈られます。

第57回五山賞

『ころんこっつんこ』

脚本 こがようこ・絵 和歌山静子

発行 童心社

●絵画賞『とりのおうさま』 

  ―絵 日紫喜洋子(ひしきようこ)

●特別賞 元山三枝子 (前紙芝居資料室長)

 

 

第3回堀尾青史賞

神奈川大学日本常民文化研究所・非文字資料研究センター

 神奈川大学日本常民文化研究所の非文字資料研究センター「戦時下日本の大衆メディア」研究班(代表・安田常雄)による詳細な研究成果として刊行された『国策紙芝居からみる日本の戦争』と、その研究活動について敬意を表し贈られることとなりました。
 詳細な調査結果を基に、整理されたデータから「国策紙芝居」が戦意高揚に一役かい、戦時下で果たしたメディアとしての実態について本格的に明らかにした重要な研究です。
この研究から我々が何を学び取り、どう向き合っていくかが今後の重要な課題となっていくと思われます。

 

第5回右手悟浄・和子賞

加藤武郎

(小平市在住・紙芝居研究家・実演者)

 紙芝居と関わって60余年。その間演じ手としての幅広い活動を展開しています。演じる作品はオールラウンドで、作品を自分のものとする演じ方が多くの方に評価されています。
 若い時代は先頭に立って紙芝居の普及に力を注ぎ、その後は地域や学校の実演グループへの助言・指導に精力的に取り組んできた紙芝居第一人者であるといえます。とりわけ地元の紙芝居実演グループ「原っぱ」や「ともしび」等の顧問として20年近くにわたり定例の勉強会や会員とともに小学校等の施設への定例上演会に心血注いでいます。こうした活動は紙芝居実演活動のモデルケースになり、紙芝居運動に大きく貢献していることに第5回右手賞を贈ることになりました。

page top