MENU

子どもの文化学校

HOME > 子どもの文化学校 > 年齢別保育教室 > 【火①】2歳児クラスの保育教室

年齢別保育教室

【火①】2歳児クラスの保育教室全10回

自我にめざめ、自分の「つもり」と「思い通りにならない現実」のズレに葛藤し、揺れ動きながらも、信頼できる大人を支えに自己肯定感の土台が築かれていく時期。また、夢中で遊び自分らしさを育んでいく最も重要な時を保育できる喜びをつかみましょう。

主任講師 今井和子(立教女学院短大元教授)
曜日・時間 火曜日 18:30~20:30
会場 子どもの文化学校 地図① google Map
受講料 22,000円
日程
2020/5/12、6/9

2歳児の心と体(運動)の育ち、その特徴

自我の育ち、葛藤、自律のめばえ、自己主張とわがまま等、難しいといわれる2歳児との関わりをDVDや記録を基に語り合う。特に運動発達が危うくなっている今の子どもたちに求められる全身運動や巧緻性について。
2020/6/30、7/21

保護者と共にすすめる生活習慣の自立に向けて

日頃からの保護者との信頼関係をどのように築きながら生活リズム、食事、排泄などの自立を促していくか。また、子育て支援になる連絡帳の書き方、懇談会や個人面談の進め方など。
2020/8/4、9/8

夢中で遊べるようになる環境構成と保育者の援助

夢中になることの意義、ひとり遊びと友だち遊び、他園のいろいろな遊びや環境をDVDで見ながら、保育者に求められる援助について考えあう。
2020/10/13

表現活動を楽しむ

日常的にごっこ遊びや劇遊びを楽しみ、表現する喜びを体験するには…  絵画や造形活動、わらべうたや歌、楽器遊びの楽しみを
2020/10/27、11/24

言葉の発達と社会性の育ち

多語文、従属文の発生、第二質問期、対話を促す保育者の役割。友だちへの関心が育ち”いっしょっていいね”という体験やトラブルなど。事例を通して社会性の育ちを学び合う。
2020/12/8

記録の書き方、評価の仕方

日誌を中心にその効率的な書き方を学び、自分たちの保育を振り返り、意味のある自己評価を行う。
3月2日(月)よりお申し込みを受け付けます。
   
page top