MENU

子どもの文化学校

HOME > 子どもの文化学校 > 金曜日の保育教室 > 【金③】表現と人間

金曜日の保育教室

新型コロナウイルス対策として、4・5月の教室を6月以降に延期する決定を致しました。

日程の変更により、皆様にはご迷惑をおかけすることになるかと存じますが、子どもたちを預かる保育現場の皆様が学びに来ていただける「場」として少しでも安心頂ける対策をとりたいと考えての決断です。ご理解・ご協力頂けますようお願い申し上げます。

詳細はこちら

【金③】表現と人間全4回

保育の5領域の中にどうして「表現」が入っているのでしょうか。そこには表現という行為に対する深い人間学的な洞察があります。表現という行為の中に人間の個性が表れます。そして人間は他者に様々な表現をすることを通じて他者との関係をつくり、自分の人生をつくっていきます。子どもの一挙手一投足がその子の表現なのだと感じた瞬間から保育が変わります。

主任講師 汐見稔幸(東京大学名誉教授)
曜日・時間 金曜日 18:30~20:30
会場 子どもの文化学校(豊島区目白3-2-9) 地図① google Map
受講料 8,800円
日程
2020/6/5

なぜ表現がテーマになるのか

汐見稔幸
(東京大学名誉教授)
2020/8/7

幼児画を単なる「お絵かき」と思っていませんか

―幼児の描画表現の発達を生活と絡めて考えていきましょう
井口佳子
(中瀬幼稚園園長)
2020/10/9(金)18:30~20:30 1回2,500円

金③a 身体も心も響き合う

―てあそびを中心に
谷口國博(たにぞう)(創作あそびうた作家)
2020/11/13(金) 18:30~20:30 1回2,500円

金③b「歌う」ことで育つものは

―日本の子どもの歌の変遷から「表現」の意味を探る
早川史郎
(作曲家・日本童謡協会常任理事)

FAXでのお申込みの場合は、下記の申込み用紙をダウンロードの上
お申込みください。

申込み用紙(PDF)をダウンロード

   
page top