MENU

子どもの文化学校

HOME > 子どもの文化学校 > 金曜日の保育教室 > 【金d】表現と人間

金曜日の保育教室

【金d】表現と人間全5回

(教室によって受講方法が異なります)
保育の5領域の中にどうして「表現」が入っているのか、そこには表現という行為に対する深い人間学的な洞察があります。表現に人間の個性が表れ、表現を通して他者との関係、人生をつくっていきます。子どもの一挙手一投足がその子の表現なのだと感じた瞬間から保育が変わります。

オンラインあり 募集中 単発申し込み可
主任講師 汐見稔幸(東京大学名誉教授)ほか
曜日・時間 金曜日 18:30~20:30
会場 子どもの文化学校 〒171-0031 東京都豊島区目白3-2-9地図
受講料 11,750円 (10/8、11/19は対面講義のみです)
日程
2021/7/9

表現はどうして人間にとって大事なのか

汐見稔幸
(東京大学名誉教授)
2021/9/10

保育と表現とアート

この3つのつながりについて考える
深谷ベルタ
(千葉明徳短期大学教授)
2021/10/8

身体も心も響き合う

手あそびを中心に
谷口國博(たにぞう)(創作あそびうた作家)
2021/11/19

「歌う」ことで育つものは

日本の子どもの歌の変遷から「感性」と「表現」を考える
早川史郎
(作曲家・日本童謡協会常任理事)
2021/12/10

「豊かな言葉と表現を育む環境づくり」

社会の中で育つ心と言葉
松井智子
(東京学芸大学教授)
   
page top