MENU

子どもの文化学校

HOME > 子どもの文化学校 > 保育の専門教室 > 新しい赤ちゃん像と保育実践を学ぶ教室(木)

保育の専門教室

新しい赤ちゃん像と保育実践を学ぶ教室(木)全10回

赤ちゃん学は最新の知見により大きく進み、その知見から乳児保育の実践が見直されています。赤ちゃんの視覚や感情、アタッチメントの科学的知見を学び、乳児の育ちや遊び等、新しい乳児保育の実践を学びます。

主任講師 遠藤利彦(東京大学教授)× 井桁容子(非営利団体コドモノミカタ代表理事)
曜日・時間 木曜日 18:30~20:30
会場 目白ファッション&アートカレッジ(豊島区目白3-1-26) 地図② google Map
受講料 22,000円
日程
2019/5/16

【特別公開講座】子どもの心が育つということ(サテライト教室)

最新の赤ちゃん学と今、求められる乳児保育の実践について

「最新の赤ちゃん学の知見」、「今、求められる乳児保育のあり方」をベースに、子どもの心が育ったと感じる瞬間や目に見えにくい心の育ちを保障する保育の役割を、赤ちゃん学と乳児保育の専門家の遠藤利彦先生と井桁容子先生がじっくり語りあう公開特別授業。

※定員となりましたので、3月9日以降にお申し込みの方は別教室(サテライト会場)での受講となります。

遠藤利彦(東京大学教授)×井桁容子(非営利団体コドモノミカタ代表理事)
2019/6/13

発達の鍵となるアタッチメント

ヒトの赤ちゃんの特性とアタッチメントについて
遠藤利彦
(東京大学教授)
2019/7/4

脳と身体の発達について考える

アタッチメントが育む非認知能力とは
遠藤利彦
(東京大学教授)
2019/7/25

保育・幼児教育の可能性について考える

保育士の役割と可能性
遠藤利彦
(東京大学教授)
2019/9/5

保育の専門性とアタッチメント

実践にむすびつけていくために
遠藤利彦
(東京大学教授)
2019/9/19

養護は子どもの育ちの土台

赤ちゃんという存在をどう捉えるか。養護と教育
井桁容子
(非営利団体コドモノミカタ代表理事)
2019/10/17

子どもの育ちを見通す保育

遊びと学び・保育の中の教育とは
井桁容子
(非営利団体コドモノミカタ代表理事)
2019/11/7

保護者との連携の要

親子の育ちを支える身近な存在になるために
井桁容子
(非営利団体コドモノミカタ代表理事)
2019/12/5

子どもの気持ちに共感する保育

保育の中のコミュニケーションについて考える
井桁容子
(非営利団体コドモノミカタ代表理事)
2019/12/19

まとめ

乳児保育で今求められるているもの
井桁容子
(非営利団体コドモノミカタ代表理事)

FAXでのお申込みの場合は、下記の申込み用紙をダウンロードの上
お申込みください。

申込み用紙(PDF)をダウンロード

   
page top